滋賀県・喜多酒造「喜楽長 直汲み」



■喜楽長の無濾過生原酒タンク直汲みです!
今年も蔵を訪ねて、タンクから直接とったお酒を試飲し、
おいしいお酒をそのまま手を加えることなく
瓶に詰めてもらいました。<新酒は随時入荷予定>

本来のお酒の旨み、濃厚で複雑な味わい、厚みのある余韻、
低温熟成も楽しみなお酒です。




○ 24BY喜楽長 特別純米 渡船60%/直汲み生原酒(オレンジラベル)
                 (滋賀) ★1800ml 2625円


日本酒度:+3、使用米:滋賀渡船、精米歩合:60%、酸度:1.8、
アミノ酸度:1.8、酵母:14号、アルコール度数:18.3%、

搾った生原酒を一切の処理をせず無濾過生原酒のまま瓶に詰めた
直汲みの喜楽長です。近年復活された滋賀県産の酒米≪渡船≫を
100%使用。白い花、綿菓子、青いメロンの皮の香り、含みはソフトで
やわらかな旨味と上品な甘み、漉したインゲン豆やヴァニラ系の風味が
ありとてもまろやか。余韻には温かなアルコール感に少し渋みが
ここちよい、まとまりのある味わい。まだ青さがあるものの熟成に
よりより成長する酒質。



○ 24BY喜楽長 特別純米 60%精米 /直汲み(緑ラベル)   
                      ★1800ml 2415円


日本酒度:+3、使用米:山田錦、精米歩合:60%、酸度:1.6、
アミノ酸度:1.0、酵母:14号、アルコール度数:18.1%、

喜楽長がもっとも力を注いでいる滋賀県産山田錦の無濾過生原酒です。
穀物とほんのり最中の皮の芳ばしい香り、含みは密度の詰まった
まろやかさがあり、白い漉し餡とクリーミィな甘みコクがあり
酸味もしっかり味を構成しています。未熟の梨のようなツンとした
青い香りと柿の種のような渋みが余韻に心地よく残り、今年の
特別純米山田錦は味わいを損なうような雑味と嫌味がまったく無く
理想の生原酒!純米吟醸クラスの美味くて一押のお買い得当店お勧め
品です。



○ 23BY喜楽長 辛口純米 65%精米 タンク番号601/
  直汲み(赤ラベル)熟成      ★1800ml 1995円


日本酒度:+11、使用米:山田錦、日本晴、精米歩合:65%、酸度:1.8、
アミノ酸度:1.5、酵母:K-2(京都酵母)、アルコール度数:19.3%、
 
辛口純米の加水火入は当店の売れ筋定番商品ですが、それを直汲みで
瓶詰めしてもらいました。火入れはかなりの辛口ですが、不思議な
ことにこの直汲みの含み口は滑らかで甘みと感じる米の旨みが
広がります。香りは熟した枇杷と白い麹のビターな香り、
木の実のコンポートのような味わいがあり、19%以上の高い
アルコールを感じさせないスムースな喉ごし。切れ味、旨味と米の甘味、
ふくらみすべて良しの辛口酒。とにかく低価格が魅力!




○ 23BY喜楽長 特別本醸造 60%精米 タンク番号35/
      直汲み(青ラベル)熟成   ★1800ml 2100円


日本酒度:+6.3、使用米:山田錦、精米歩合:60%、酸度:1.5、
アミノ酸度:1.0、酵母:14号、アルコール度数:19.2%、

黄色いバナナ、蕎麦殻のような香ばしい微香、水あめのような甘い
豊満な香り、トロリとしたふくらみと溶けかけの綿菓子のような
軽い甘みに透明感のある米由来の旨み、まったく雑味と荒さを
感じない滑らか豊潤なスーパー本醸造。




○ 23BY喜楽長 純米大吟醸 50%精米 /直汲み (グレーラベル)熟成 
        ★1800ml 3990円



日本酒度:+5.6、使用米:山田錦、精米歩合:50%、酸度:1.6、
アミノ酸度:1.2、酵母:14号、アルコール度数:17.3%、

800kg仕込みと小造りで、酒質は緻密で豊満な旨口となっています。
落ち着いた洋なしの香り、フルーティーで蜜の入ったリンゴのような
甘みと旨み、豊満で柔らかな味わいの大吟醸。



コメント
日本酒の勉強がしたくて京都に引っ越しを考えている者です。突然のコメントすみません。京都で日本酒の勉強をするにはどうすればいいか?と、ネットでたくさん調べていたところ偶然、にしむら酒店さんのホームページを見つけ、利き酒というワードを見て、これだ!とついつい、コメントしてしまいました…。
ものすごく利き酒というものに興味を持ってまして、さらに利き酒が身に付けられたのならば、それを活かし、酒屋さんのような場所で訪れて頂けた観光客などにたくさん日本酒を薦められるような仕事をしたくて、勉強したくています。
というのも、自分は旅行が趣味なのですが、以前、四国に旅行に行った時にたまたま立ち寄った酒屋さんで大変親切に、かつたくさんの情報を教えて頂き、そのとき薦めて頂いたお酒が何と美味しいことか…!そんな経験がありまして…その時からそのような仕事に興味を持ち始めました。
もし、このコメントを読んで頂けたのなら是非、利き酒についてお聞きしたいことがあります!
アドレスにメール頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします!
  • Kazuhiro Takeda
  • 2014/02/03 6:34 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 滋賀県 中澤酒造「一博(かずひろ)」
    y,motojima
  • 京屋酒造・青龍傳(しょうりゅうでん)
    にしむら酒店
  • 京屋酒造・青龍傳(しょうりゅうでん)
    関根真一
  • 滋賀県・喜多酒造「喜楽長 直汲み」
    Kazuhiro Takeda
  • IZZE・イズィ(アメリカ・コロラド州のフルーツスパークリング)
    にしむら酒店
  • IZZE・イズィ(アメリカ・コロラド州のフルーツスパークリング)
    織田彩加♪

recent trackback

links

profile

書いた記事数:111 最後に更新した日:2017/02/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM