日本酒情報(8月号より)



○ 21BY 弥栄鶴 <錦蔵舞(にしきくらぶ)>純米大吟醸 加水無濾過瓶燗
(京都府京丹後市・竹野酒造)
          【限定品】★720ml 2000円/★1800ml 3780円


日本酒度:+3.0、使用米:播州産山田錦100%、精米歩合:50%、酸度:1.6、
アミノ酸度:1.2、杜氏:行待 佳樹 (能登杜氏)、使用酵母:協会9号、
アルコール度数:16.1% (原酒は17.8度)、総米600 仕込み、醪日数:31日、

上槽はヤブタ式で、搾ってすぐに無濾過のまま加水して、瓶詰め、即座に瓶燗と、
丁寧に(要らない加工は一切せず) 本来の香りと旨みを大切にしたお酒です。
大吟らしい林檎、洋ナシ系の吟香、綺麗さの中に程よい旨みと酸味が
バランスよく広がり、鉱物系の渋みが締まりよく、余韻はまだ若々しい、
あと数ヶ月先か、開栓して数日してからゆっくり味わうのがおすすめ!
40%精米の大吟にも引けをとらないコストパフォーマンスの高い
お奨め大吟醸です。

・・・・21BYから急きょ杜氏となった行待佳樹(26才)君が手がけた記念
すべき初めての純米大吟醸酒です。この純米大吟醸は杜氏本人がもっとも
好きなタイプのお酒なので、本人曰く「思い入れのあるお酒なので、
もっとも手をかけて、一番大事に醸しました。はじめての大吟としては、
かなり満足のいく仕上りです!」とのこと。彼との出会いは平成18年に
石川県の「常きげん」に修行中、当店に来られたのがきっかけです。
彼は、「弥栄鶴」こと竹野酒造の御曹司です。あまりに若いので、まだ杜氏に
なるには早いかな?と思いましたが、出来上がった酒は美味しいものばかり、
才能には年齢とは無関係なんですね!この先ずっと蔵元杜氏としてその名を
はせて行く事でしょう!彼が今後どんな酒を醸していくのか?
楽しみな蔵元になりました。




○ 天野酒(あまのさけ) 特別純米 7号酵母 無濾過生原酒(大阪府) 
                 【限定品】★1800ml 2880円


日本酒度:+3、使用米:福井県産五百万石、精米歩合:60%、
使用酵母:協会7号泡あり、酸度:2.3、アミノ酸度:1.8以上、
アルコール度:17.8%、

当店では天野酒は酵母無添加の生もと純米を気に入り取り
扱っていますが、この21BYの7号酵母は店主の好みでしたので
12本のみ蔵で取り置き熟成させました。 香りはココナッツ、
水あめ、炒ったカシューナッツや葛粉など和の香り、味わいは黄色い
木の実、枇杷、焙煎した穀物、ういろうなどとても和風で豊潤!
でそれとともに柔らかな甘みとどっしりした酸味、心地よい渋みが
混ざり合い、まさに関西の純米酒の王道的な良さを味わえる銘酒!
店主おすすめです。





○ 大山 槽掛け 特別純米原酒 無濾過生詰後瓶火入(山形県) 
                  【限定品】1800ml 2993円


日本酒度:+1〜+2、使用米:山形県産はえぬき、精米歩合:60%、
酸度:1.6〜1.7、アミノ酸度:0.9〜1.0、酵母:山形KA、
アルコール度数:17〜18%、

この蔵元の酒は、東北の透明感のある気候を思わす綺麗さと甘みが特徴で、
独自の味わいを持つ個性派です。香りは白桃と煮込んだシロップの中に
ほのかに白餡の小豆を感じます。密度の高い滑らかで芳醇な旨みに、
白い花のようなフルーティな含み香が広がり、余韻はプラムのような酸味が
長く続きます。 上品な甘みと香りと味わいは、誰もが美味しいと感じる
優れものの銘酒!



○ 21BY招徳 旭4号 純米 無濾過生原酒(京都伏見)
                     ★1800ml 2850円


日本酒度:+3、使用米:(掛)旭4号、(麹)祝、精米歩合:60%、酸度:1.8、

アミノ酸:1.0、酵母:701号、アルコール度:18.5%

京都府綾部市の西山農場で栽培された旭4号で仕込んだ純米酒。今年は
上槽後直ぐに無濾過生原酒で瓶詰めしました。少しエステル系や揮発系の香り、

含みは素朴でボリュームがあり、落ち着いた豊満な旨みに、しっかりとした
独特の酸味と渋味が特徴!8ケ月の熟成を経てやや角が取れ、含みには、
上品な甘みと広がりがありますが味わいの透明感は増してきています。
まだまだ熟成しそうな生原酒です。


○ 21BY招徳 純米「越畑(こしはた)」無濾過生原酒(京都伏見)
                       ★1800ml 2850円


日本酒度:+4、使用米:(掛)日本晴、(麹)祝、精米歩合:60%、
酸度:1.5、アミノ酸度:1.4、酵母:9号、アルコール度:18.5%、 

日本の里100選に選ばれた美しい棚田の里・右京区越畑で栽培された米(米糠
除草の自然派米)で醸した純米酒。ハチミツ系のやわかな吟香、ソフトで
旨み豊かな広がりがあり、栗のような黄金色でふかした穀物的な旨みが
あります、ミルキーな広がりも感じられ、穏かな甘みと、まったりした広がりが
あり、適度に熟成が進み(8ケ月)、飲み頃を迎えつつあるおすすめの
無濾過生原酒です。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 滋賀県 中澤酒造「一博(かずひろ)」
    y,motojima
  • 京屋酒造・青龍傳(しょうりゅうでん)
    にしむら酒店
  • 京屋酒造・青龍傳(しょうりゅうでん)
    関根真一
  • 滋賀県・喜多酒造「喜楽長 直汲み」
    Kazuhiro Takeda
  • IZZE・イズィ(アメリカ・コロラド州のフルーツスパークリング)
    にしむら酒店
  • IZZE・イズィ(アメリカ・コロラド州のフルーツスパークリング)
    織田彩加♪

recent trackback

links

profile

書いた記事数:111 最後に更新した日:2017/02/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM