風の森 しぼり華 (5月号より)

驚異的なコストパフォーマンスと酒質を誇る奈良県・油長酒造の「風の森」。
創業は享保4年(1719年)。わずか200石ほどの蔵元による手作りの酒は、
フルーティさの中にしっかりとした旨みがあり、日本酒初心者から通までを
魅了します。

全ての工程で丁寧に扱い醸されたお酒、純度高く透明感のある、
またその旨みとその輪郭を整える美しい酸と米本来の個性をお楽しみ下さい。


【風の森の製造理念は、すべて 手造り・純米・無濾過・無加水です。】


※しぼり華:通常搾りの中でも圧を掛けず自然に流れる酒だけを取ること。
(責めの部分を含みません。)

※風の森は上槽後、空気に触れることなく瓶詰めされるため開栓直後は
炭酸が絡んでいます!

全商品共通データ
(アルコール度数:17度以上18度未満、使用酵母K-7系)
データは22BYのものです。


○AK65 風の森 純米 しぼり華 アキツホ65%(22BY)酒度+1.5、酸度1.8

              ★720ml 998円/★1800ml 1995円


契約栽培奈良県産秋津穂全量使用。サクランボや赤リンゴの皮様な
フルーティな香り、フレッシュなりんご系で白い穀物の旨みに透明感の
ある酸味があり、ゆっくりと淡い渋みが余韻に残ります。後口の
キレもよく、豊潤なのに飲みやすい、
≪≪≪抜群の低価格。風の森最強のお買い得旨酒です。≫≫≫




○TB70 風の森 純米 しぼり華 露葉風70%(22BY)酒度+2.0、酸度2.1

              ★720ml 1260円/★1800ml 2520円


  ※720mlはまだ21BYです。無くなり次第22BYが入荷します。

奈良県の酒造好適米「露葉風(つゆばかぜ)」使用。青草や未熟の
メロンのようなフルーティーな香り、味わいに白ブドウや、枇杷の
ような芳醇な果物系の旨味と蒸かした豆類の甘みがあり、しなやかな
酸味が甘みと旨みを引き立てます。渋味、苦味が一体となった
深い味わいですが、時とともに、ミルキーでミネラル感のある豊潤な
味わいに変化する大変個性的な酒質です!




○OM80 風の森 純米 しぼり華 雄町80%(22BY)酒度-3.0、酸度2.3

              ★720ml 1313円/★1800ml 2625円


今期から新しく加わった80%低精米のお酒、爽やかなシトロンや綿菓子を
思わす心地よい香り、暖めたシロップや洋ナシ、白餡のような旨みと厚みの
ある酸味、僅かな苦味がバランスよく調和ししかもクリア−でベタつかず
深みのある余韻です。絶品の濃醇旨甘口酒!




○TB60 風の森 純米吟醸しぼり華 露葉風60%(22BY)酒度+4.5、酸度1.8

              ★720ml 1470円/★1800ml 2940円


奈良県の酒造好適米「露葉風(つゆばかぜ)」使用。林檎や白桃の微香、
メロンやアケビのような芳醇で滑らかな果物系の味わい、上品なお米の旨み、
ボリュームと厚みを感じつつ穏やかさのある甘味と酸味、滑らかな
のど越しは、新たな味覚を発見できます。





○OM60 風の森 純米吟醸しぼり華 雄町60%(22BY)酒度-1.5、酸度1.9

              ★720ml 1575円/★1800ml 3150円


岡山県産雄町使用。香りは桃やシロップ系、フルーティーで爽やかな
青リンゴのような含みに雄町米の持つ薄茶色の三温糖のような深みのある
味わいと、とろりとしてかつクリアな味わいが楽しめ、又、心地良い渋みと
アルコール感が広がる芳醇なお酒です。




○YM60 風の森 純米吟醸しぼり華 山田錦60%(22BY)酒度+4.0、酸度1.7

              ★720ml 1575円/★1800ml 3150円


兵庫県産山田錦使用。42日間の長期低温発酵により米由来の旨み、
極味を引き出し、高めの日本酒度まで発酵をすすめた結果、クリアな酸と
キレの良さを楽しめる風の森になりました。香りは穀物系で素朴です。
山田錦の粉砂糖のような整った上品な白い甘みと幅があり厚みを感じる
白小豆のような密度のある穀物系の味わいと余韻はまさに純米酒の
模範的な旨さを味わえる逸品と言えます

 ※1800ml 21BY少しあります。




○KN45 風の森 純米大吟醸 しぼり華 キヌヒカリ45%(22BY)
酒度+2.0、酸度1.6
              ★720ml 1470円/★1800ml 2940円


奈良県産キヌヒカリを45%まで磨いて搾った大吟醸。生酒由来のフレッシュな
瑞々しい洋ナシ系の吟香とほのかに香る赤いリンゴ系の香り、フルーティーで
味わいはかなり重量感があり、豊潤なコシ小豆のような旨みに黄な粉と
ヴァニラを溶け込ませたようなクリーミィなニュアンスを感じます。
キヌヒカリの個性的な味わいが遺憾なく発揮された口中で広がる
ボリュームたっぷりの生原酒です。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 滋賀県 中澤酒造「一博(かずひろ)」
    y,motojima
  • 京屋酒造・青龍傳(しょうりゅうでん)
    にしむら酒店
  • 京屋酒造・青龍傳(しょうりゅうでん)
    関根真一
  • 滋賀県・喜多酒造「喜楽長 直汲み」
    Kazuhiro Takeda
  • IZZE・イズィ(アメリカ・コロラド州のフルーツスパークリング)
    にしむら酒店
  • IZZE・イズィ(アメリカ・コロラド州のフルーツスパークリング)
    織田彩加♪

recent trackback

links

profile

書いた記事数:111 最後に更新した日:2017/02/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM