芋焼酎「大正の一滴・蔓無源氏(つるなしげんぢ)」



大正の一滴は、「ひね麹」を使用し、大正時代の造りを再現した芋焼酎です。
中でも原料の芋も大正時代につくられていた「蔓無源氏」にこだわったのが、
この「大正の一滴・蔓無源氏」です。

26度が定番となって入荷しました!甘い風味、濃い味わいが特徴です。


○ 大正の一滴『蔓無源氏』26度<芋・米麹>(鹿児島県・国分酒造)

        ★720ml 1285円/★1800ml 2570円


「蔓無源氏」の芋は、食べても、とても甘くておいしい芋で、この甘い風味が
焼酎にも現れています。また、老麹を使った「大正の一滴」と同じ造りで、
旨みと甘みが特徴の芋焼酎です。ふかし芋を食べているような風味を感じる
芋焼酎。しかも、十分熟成されてから出荷されるため、とてもまろやかです。


ひね麹:製麹時間を長くして麹菌を十分生育させた麹です。大正時代は
黒麹によるいも焼酎造りが定着するようになった時期で、この頃の麹は、
培養時間が長く真っ黒になった黒麹を使って焼酎を仕込んでいました。

蔓無源氏:さつまいもの品種で、明治40年に見つかり、大正時代から
昭和初期までは鹿児島で一般に作られていた在来品種ですが、収量が
勝る他の芋に取って代わられ、今ではほとんど作られていません。
それを地元農家の協力のもと10本の苗から復活させました。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 滋賀県 中澤酒造「一博(かずひろ)」
    y,motojima
  • 京屋酒造・青龍傳(しょうりゅうでん)
    にしむら酒店
  • 京屋酒造・青龍傳(しょうりゅうでん)
    関根真一
  • 滋賀県・喜多酒造「喜楽長 直汲み」
    Kazuhiro Takeda
  • IZZE・イズィ(アメリカ・コロラド州のフルーツスパークリング)
    にしむら酒店
  • IZZE・イズィ(アメリカ・コロラド州のフルーツスパークリング)
    織田彩加♪

recent trackback

links

profile

書いた記事数:111 最後に更新した日:2017/02/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM