日本酒情報(3月号より)



一酒一会の会だより3月号にも掲載しております。
完売、残り少ないものは省略しました。

○ 23BY富翁(とみおう) 純米酒 山田錦68% 無濾過生原酒
(京都伏見)  ★1800ml 1995円


日本酒度:+1.5、使用米:兵庫県産山田錦100%、精米歩合:68%、
酸度:1.9、アミノ酸度:1.5、酵母:協会7号、アルコール度数:17.5%、
総米2トン仕込みという富翁では小さな造りの純米です。

贅沢に兵庫県産山田錦100%を使用。固めのメロン、マッカ瓜、綿菓子の
ような香り、ほのかな上品な甘味にウイロウのような滑らかな旨み、
ボリューム感があり豊満で酸味もしっかり、焼き砂糖のような芳ばしい
上立ち香と心地よい余韻があります。
つややかで味わい豊かな出来でしたので、田島杜氏に頼みこみ、
無濾過直汲みのままで、瓶詰めしてもらいました。

はっきり言って山田錦でこの価格でこの味わいはものすごくお買い得の
逸品です!【一回火入れも予定あり】





○ 23BY美丈夫(びじょうぶ) 純米大吟醸「舞・しずく媛」(高知県)
                 ★1800ml 2980円


日本酒度:+4、使用米:しずく媛(愛媛産)、精米歩合:50%、
酸度:1.5、アミノ酸度:0.9、酵母:熊本系、
アルコール度数:15〜16%、杜氏:小原昭(土佐)、

美丈夫「舞」の使用米が「松山三井」から「しずく媛」に変更されました。
元々飯米(食べる米)であった松山三井は、酒米としても多く使われ
「準酒造好適米」の扱いとされてきましたが、反対に酒造好適米を
名乗ることを拒否されてきたため、「松山三井」の大粒選抜を行い、
大粒化と酒造適性を向上させた新規格の酒造好適米が「しずく媛」です。
ネーミングは愛媛の「媛」と米からおいしい滴が生まれるという意味を
込めて命名。従来の白ブドウのようなふくみ香と酸味はそのままに
さらりとしたのど越しとより一層豊潤でやわらかい口当たりのお酒に
仕上がっています。規格も大吟醸となりました。




○ 23BY 美丈夫 吟醸 麗 うすにごり【危険※】(高知県)
       新酒入荷しました! 【限定品】★1800ml 2447円


日本酒度:+3、使用米:愛媛県産松山三井、精米:55%、酸度:1.2、
アミノ酸度:0.7、【※発送不可】

使用酵母:AA-41(高知酵母)、アルコール度数:14度以上15度未満


しぼりたての生酒に独特の製法でオリをからませて瓶内発酵させる
ことにより、生きた酵母由来の発泡性があります。開栓する時は注意が
必要です。一口含むとふわっと広がる香り、米の旨味を引き出した味、
飲み飽きしない切れ味と軽やかさがあり、心地よくのどを通る日本酒で
在りながらスパークリングワインタッチの喉ごしです。








○ 23BY秋鹿 純米吟醸 <限定五千本・春> 本生(大阪府)
 【限定品】★1800ml 2960円


日本酒度:+6、使用米:能勢山田錦、精米歩合:60%、酸度:1.7、
アミノ酸度:1.2、酵母:901号、アルコール度:16度以上17度未満 

能勢の大寒仕込み手造り限定品。春と秋に5,000本のみ出荷。
春は原酒ではなく飲みやすい濃度に少しだけ加水した無濾過の
本生です。加水といっても秋鹿ですので十分なヴォリューム感が
あります。麹の香りがかすかに残っている新酒特有のフルーティな
味と青いメロンを思わす香り、しっかりとした味わいに酸味が締まりと
骨格を与え、華やかな含み香、スムーズな飲み口が特徴です。





○ 20BY 秋鹿 ≪奥鹿≫生もと純米吟醸 無濾過生原酒(大阪・能勢)
                    ★1800ml 4680円


日本酒度:+6、使用米:能勢・田中農場産山田錦100%、精米歩合:60%、
酸度:1.9、アミノ酸度:1.1、酵母:7号、アルコール度数:17〜18% 

2009年2月上槽で無濾過生原酒のままで瓶詰め、その後三年間蔵の中で
低温熟成させました。「奥鹿」というブランドは秋鹿酒造さんの
3年以上寝かしたお酒の一部に使われます。

落ち着いた穀物の香りに、含みはナンテンの実や炒り込んだ小麦粉の
ような上立香と味わいがあり、豊潤な酸味と滑らかな甘味が丸く
混ざり合います。お燗をつけるとよりボリュームが出てどっしりとした
まろやかなスタイルに変身、丁稚羊羹を液体にしたようなまあるく
ふくよかな温かみのある美酒です。






○ 23BY 竹生嶋(ちくぶじま) 辛口純米 生原酒(滋賀県) 
 ★720ml 1365円/★1800ml 2625円


日本酒度:+7、使用米:滋賀県安曇川町産玉栄100%、
精米歩合:60%、酸度:1.8、アミノ酸度:1.1、使用酵母:協会1401号、
アルコール度数:17度以上18度未満、 

しぼって間もない新酒のオリをフィルターで除去しただけの生酒。
金沢酵母らしい青いメロン系の香り、固いフルーツのような含み香と
金柑の白皮の部分のような渋みが心地よく酸味がきれいな酒質です。
日本酒度は+7とかなりの辛口ですが、ほのかな甘味にべたつきが
無く豊かな旨みの中に軽快でキレの良いお酒となりました。
まだアルコールの収斂性やエステル香も僅かに感じますが
この先の熟成すると滑らかなクリーミィさがでてきそうで、
成長がとても楽しみな芳醇辛口酒。





○ 23BY竹生嶋 ヨキトギ 垂れ口 生原酒(滋賀県)  
               ★1800ml 3150円


日本酒度:+1、使用米:滋賀県マキノ町産吟吹雪、精米歩合:55%、
酸度:1.8、アミノ酸度:1.1、使用酵母:協会1401号、
アルコール度数:17度以上18度未満、2011/2/18上槽、

ヨキトギ(斧研)川と知内川の合流点から下流にある町中でも特に
美味しいお米が取れるエリアで栽培された吟吹雪を100%使用。
新酒時から味乗りの良い「吟吹雪」の純米吟醸を垂れ口からすぐに
瓶詰め、口に含むと発酵による微炭酸がフレッシュで心地よく広がります。
水飴と白桃を思わす微香、枇杷や上新粉を使った白い蒸し菓子の
ような味わいに、カスタードクリームのような甘みがあり、
余韻は白葡萄の皮のような渋味が乳酸と一緒に長く残ります。
淡白になりがちな吟吹雪米を綺麗で豊満な旨口に仕上た
吉田酒造ならではの酒。毎年女性の評価が高いお酒です。





○ 23BY大治郎 純米吟醸 本生うすにごり(滋賀県) 
       ★1800ml 3150円


日本酒度:+4、使用米:山田錦(呑百笑の会)、精米歩合:55%、
酸度:2.0、使用酵母:金沢14号、アルコール度数:17.5%、 

地元の滋賀県産契約栽培(減農薬)山田錦100%使用。フレッシュな
林檎とメロンを思わすほのかな香り、柔らでクリアな含み口、
上質な葛饅頭のような透明感があり、よく溶け込んだ山田錦の甘みと
旨みが、やさしく広がりかつ暖かな酸味が余韻を引き締めます。
新酒にもかかわらずふんわりとバランスのよい芳醇旨口酒、
今年の大治郎は完成度抜群になりそうです。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 滋賀県 中澤酒造「一博(かずひろ)」
    y,motojima
  • 京屋酒造・青龍傳(しょうりゅうでん)
    にしむら酒店
  • 京屋酒造・青龍傳(しょうりゅうでん)
    関根真一
  • 滋賀県・喜多酒造「喜楽長 直汲み」
    Kazuhiro Takeda
  • IZZE・イズィ(アメリカ・コロラド州のフルーツスパークリング)
    にしむら酒店
  • IZZE・イズィ(アメリカ・コロラド州のフルーツスパークリング)
    織田彩加♪

recent trackback

links

profile

書いた記事数:111 最後に更新した日:2017/02/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM